ジムニーの安全性能の評価は?スズキセーフティーサポートとは?

Featured Video Play Icon

あなたの愛車を高く売りたいなら絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取り車が買取業者では80万円の査定額という事は珍しくありません。

車一括査定業者に無料登録し、依頼した時点で競合が始まり価格が吊り上がってきます。

そこで一番高い査定額を提示した買取業者にあなたの愛車を売却してください!

 

近年事故の報道が絶えません。

どこのメーカーにも安全装置が装備され、日々その内容も進化し続けています。

またその性能や種類も様々あります。

この新型ジムニーにも安全装備がもちろんついています。

その安全装置の内容や、機能性などをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ジムニーの安全装置の中身は?

新型ジムニーにも安全装置は装備されていますが、安全装置とひとくくりにされてもわからない。

どのような装置が付いているのかを、ご紹介していきたいと思います。

スズキの安全技術

ジムニーに限らず、スズキの車に装備されてきています、『スズキ セーフティーサポート』事故そのものを防ぎ、予防安全技術で安全に運転していただけます。

また、衝撃吸収ボディーや歩行者傷害軽減ボディーなどで、万が一の事故も被害を軽減します。

最新の安全技術もありますが、その前に基本の安全技術を、ご紹介していきたいと思います。

 

基本の安全技術

視界性能

運転時の歩行者や交通状況を把握しやすいように、ドアミラーや、ピラーなどの形状を最適化し視界の性能を上げています。

 

運転姿勢、操作系

様々な体格の方に快適に運転できるように作られたシートや、操作性を考慮したハンドル、ペダル、シフトレバーなどが、操作しやすいように配慮されて疲労を軽減します。

 

インターフェス

視認性の高いメーター、ディスプレイ、スイッチ類など操作頻度や操作方向など、考慮して安心して運転に集中できます。

 

衝突安全装備

軽量衝撃吸収ボディーTECT(テクト)

衝突時の衝撃を効率よく吸収、分散するボディーの構造で、さらにコンピューターによる構造解析を駆使して、安全性の向上と軽量化を実現してます。

 

歩行者傷害軽減ボディー

バンパー、ボンネットなど歩行者と衝突しても衝撃吸収ボディーを採用しているため、被害を軽減できます。

6つのSRSエアバック

運転席助手席のSRSエアバックや、側面のカーテンエアバッックで、頭部の衝撃をカバーし、フロントシートSRSで胸部の衝撃もカバーします。

フロント・リアELR3点シートベルト

万一の衝撃に、シートベルトの拘束性を高めるプリテンショナー機構を採用、胸部への衝撃を緩和する、可変フォースリミッター機構を全席に標準装備しています。

シート構造

高剛性、高強度なフロントシートフレームを採用、更に高めのシートバックが後ろからの衝撃を和らげます。

※予防安全装置

標識認識機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、デュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能こちらについては後程詳しく説明していきます。

スポンサードリンク

ジムニーの衝突軽減ブレーキの性能は?

先に紹介した安全装置、『予防安全装置』の一つで、近年安全装置で最も重視されています。

ブレーキサポートシステムですが、新型ジムニーにももちろんその機能が付いています。

デュアルセンサーブレーキサポート

デュアルセンサーブレーキサポートは、セーフティーサポート装着車に装備されています。

セーフティーサポートはXCグレードに標準に付帯していますが、その他のグレードではメーカーオプションになります。

前方の車両や、歩行者を検知し衝突があると判断するとブザーやメーター内の表示によって、ドライバーに警告を促します。

また衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ衝突の回避や軽減をしてくれます

誤発進抑制機能

こちらもXC、セーフティサポート装着車の4ATに付いています。

レバーがD・2・Lレンジで停車または徐行中(10Km/h以下)、前方4m以内の障害物を認識します。

誤ってアクセルを踏んでも、約5秒間エンジン出力を制御してブザー音と、メーター内表示で警告し、急発進、急加速を抑制して、衝突の回避や軽減をしてくれます。

スポンサードリンク

ジムニーのスズキセーフティーサポートとは?

また先ほどの予防安全装置での残りの装置になります、ここでは『スズキセーフティサポート』と呼ばれ、事故を未然に防ぎ、万が一の時にも安全を確保し、ヒヤリとする場面も限りなくゼロに近づけていきます。

標識認識機能
単眼カメラで『最高速度』『はみだし通行禁止』『車両進入禁止』などを認識してブザー音とメーター内に表示させ、ドライバーに教えてくれます。
車線逸脱警報機能
約60~100Km/hで走行中に、車線の左右区画線を検知し、前方の不注意などで車線をはみ出すとブザー音とメーター内の表示で警報を発してくれます。
ふらつき警報機能
約60~100Km/hで走行中に、車線の左右区画線を検知し、運転の疲れなどで車両が蛇行しシステムが『ふらつき』と判断した場合、ブザー音とメーター内の表示で警報を発してくれます。
先行車発進お知らせ機能
D・N・2・Lレンジの位置(5MTはR以外)でブレーキをかけ停車中、先行車が発信して約5m以上離れても停車し続けた場合、ブザー音とメーター内の表示で警報を発してくれます。
ハイビームアシスト
約30Km/h以上で走行中に、AUTO、ハイビームを選択しているときに周囲の環境に応じてハイビームとロービームを自動的に切り替えてくれます。
デュアルセンサーブレーキサポート
単眼カメラとレーザーレーダーにて、前方の車両や、歩行者を検知し衝突があると判断すると、ブザーやメーター内の表示によって、ドライバーに警告を促します。
誤発進抑制機能
誤ってアクセルを踏んでも、約5秒間エンジン出力を制御してブザー音と、メーター内表示で警告し、急発進、急加速を抑制して、衝突の回避や軽減をしてくれます。

ジムニーの安全性能の評価は?

ジムニー搭載の『スズキセーフティサポート』中に衝突軽減ブレーキサポートがあります。

衝突軽減ブレーキサポートには衝撃被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度があります。

衝突軽減ブレーキ等が一定の性能を有している事を証明できるものです。

これは、安全運転を支援する(サポカー/サポカーS)の普及にむけた国土交通省の取り組みになります。

ジムニーもこの認定車種に選ばれています。

では、ジムニーの安全支援『サポカー』が他の車種に比べてどうなのかをご紹介していきましょう。

セーフティーサポートカー

衝突軽減ブレーキや運転支援機能を備えた車を安全運転サポート車と呼び、搭載する機能でそれぞれの3つの種類に分かれます。

サポカーSワイド
・車線逸脱警報

・衝突軽減ブレーキ(歩行者対応)

・ペダル踏み間違え時加速抑制装置

・先進ライト

サポカーSベーシック+
・衝突軽減ブレーキ(対車)

・ペダル踏み間違え時加速抑制装置

サポカーSベーシック
・低速自動ブレーキ『衝突軽減ブレーキ(対車)』

・ペダル踏み間違え時加速抑制装置

ジムニーは、このうちのサポカーSに分類されます。

簡単な比較ですが、先進ライトや車線逸脱警報機能などが付いて、比較的機能の良い方だとみて取れます。

まとめ

無骨なイメージのジムニーですが、最新の安全機能や、安全ボディーなどにもしっかり配慮されていますね。

最新の便利な機能までも搭載されていて、よりジムニーを楽しく乗れそうです!

楽しみながら乗ることはもちろんですが、安全も確保されると、より楽しく乗れますよね。

ジムニーの値引き20万円から更に50万円安くする方法!

ジムニーを最安値で購入できる方法について興味はありませんか?
あなたは、いくら頑張ったってディーラーから値引きを引き出すのは無理だと諦めていませんか?

ジムニーを安く買いたいがどうしていいのかわからない方は多いです。
でも相談する専門家もいない!
どうしたら良いのでしょうか?

そんなあなたにジムニーを最安値で購入できる強力な裏技をご紹介します。

この方法はすでに実績がある方法です。
知っている人だけが得をしているのです。
要は知っているか知らないかだけの問題なのです。

究極の最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格はなるべく安くしておいて値引きで対応しようとします。
ですからあなたは、値引きの交渉をとにかく頑張ってください!

もちろん「下取りはディーラーの方に出す予定です」といっておいてくださいね!
あなたが限界まで値引きを勝ち取ってから「やっぱり下取りには出しません」と営業マンに言ってください。

あなたの愛車は買取業者に売却してください。
買取業者の方がディーラーよりも高く買い取ってくれる傾向があるからです。

つまりディーラーになるべく値引きをしてもらい下取り車は買取業者に高く買ってもらいます。

例えば値引き額が20万円で査定額が50万円だとしたら合計80万円安く購入できるという事になります。

これが最終奥義となります。

一括査定サイトを使う理由とは?

なぜ一括査定業者を利用するのがいいかと申します。

まずディーラーより買取業者に依頼した方が良い理由です。

例えばディーラーが下取り額30万円の値を付けたとしましょう。
それが買取業者では80万円に跳ね上がることも珍しくありません。

買取業者も査定額にばらつきがありますので、一括で業者を比較して一番査定額が高いところに売る方がいいのです。
買取業者間で自然に競合が起こり買取価格が跳ね上がるのです。

これがジムニーの値引き20万円から更に50万円安く購入できる最終奥義になります。

 

 

スポンサードリンク