新型ジムニー4WDの燃費は悪いの?スイッチの切り替え方は簡単?

あなたの愛車を高く売りたいなら絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取り車が買取業者では80万円の査定額という事は珍しくありません。

車一括査定業者に無料登録し、依頼した時点で競合が始まり価格が吊り上がってきます。

そこで一番高い査定額を提示した買取業者にあなたの愛車を売却してください!

 

ジムニーと言えば4WD機能!

この4WDでの走行気になりますよね?ジムニーの4WD構造はどうなっているのか?

オンロードでの4WD走行はどうなのか、燃費はどうなのかなど気になる部分たくさんありますよね。

ジムニー4WDの燃費は悪いの?4WDの構造とスイッチの切り替え方はどうやってしたらよいの?

など4WD切り替えじの気になる使い方を掲載していきます。

スポンサードリンク

ジムニー 4WD構造はどうなっている?

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/>https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

 

4WDの中にも種類があって『パートタイム式4WD』『フルタイム式4WD』『スタンバイ式4WD』の3種類があります。

それぞれどういった仕組みなのでしょうか?

 

ジムニーはパートタイム式4WD

ジムニーがまさにこれで、通常舗装されたような道を走行するときは2WDで走行をし、トランスファー装置を

レバーなどで切り替えることによって4WD走行に切り替えられます。

 

オフロードを走行するときに4WDに切り替え、更にぬかるみなど悪路を走行せざるを得ない場合、

4Lなどに切り替え悪路から脱出可能です。

 

その反面、切り替えを忘れて、舗装された道で4WD高速走行すると、前輪と後輪が干渉し走行時に異音

など走行に違和感を感じる事があり、実際に駆動系に負担がかかります。

 

『フルタイム式4WD』

まさにその呼び名のごとく、常に前後の駆動を作動する、4WDでの走行になります。

前輪と後輪の真ん中にセンターデフを搭載されており、ハンドルを切ったときなどエンジンの動力を前後輪に

伝えるときに状況に応じて力の配分をしてくれます。

 

常に4WD走行ですが、オンロードでの走行も考えられており、高速走行でもカーブなど曲がり道でハンドル操作を

した場合、それぞれに伝わる動力を、それぞれ適応した回転数に合わせてくれるのでスムーズに走行できます。

また急な積雪などでもスイスイ走行可能です。

 

しかし常に4WDということと、センターデフの重量分、燃費は良くはありません。

また非常に悪い悪路には適しておらず、ぬかるみにはまってしまっても、センターデフの特徴が逆に負につながり

回転数を調整しようと空回りする可能性があります。

 

『スタンバイ式4WD』

最近の普通車4WD車の多くは、このスタンバイ式4WDを採用されております。

 

道路の状況に応じて切り替えを自動でしてくれます。路面が滑ることを感知して切り替えをしてくれますが

滑った後に切り替えとなるのでややタイムラグがあります。

ですが最近では優れたコンピューター感知でそのタイムラグも解消されています。

スポンサードリンク

ジムニー4WD切り替えスイッチと切り替え方は?

現在4WDの大半がスタンバイ式4WDでドライバーの操作をより簡素化されていたり、またSUV車のほとんどが

フルタイム4WDでオンロード、オフロードで走行されています。

 

ジムニーではオフロード仕様を考慮して『パートタイム式4WD』を採用されています。

4WDでのオンロードは適していませんが、その反面、高速走行や急旋回などの必要がないオフロードでは

より力強く走ることができ、そのアナログ切り替えで更に悪路にも自分で切り替えが可能になります。

 

ジムニーはその切り替えをも楽しむように、先代モデルではトランスファーの切り替えがスイッチとなっていたが

新型ではレバーに戻されました。

 

ジムニーファンにとってはトランスファースイッチでの切り替えというのは物足りなかったのかもしれませんね。

通常2WD走行から4WDへの切り替えは走行中に切り替え可能ですが、ハンドル操作せず、100Km/h以下での

切り替えで2WD→4WDその反対の4WD→2WDも可能です。

また、悪路に活躍できる、4Lに切り替えをする時は必ずN(ニュートラル)にギアチェンジしてから切り替えに

なります。AT車でもP(パーキング)ではなく、N(ニュートラル)に入れてからの切り替えとなります。

スポンサードリンク

 4WDに切り換えた時に点滅と異音がするのはどうして?

 

ジムニーは『パートタイム式』4WDの為オンロード、オフロード、状況に応じてトランスファーを自分で切り替えが可能です。

またジムニーの場合は更に悪路に対応した4Lへの切り替えも可能です。

 

その切り替えの時にメーターへ2WD、4WD切り替え表示が出ます。最初の数秒間は点滅をしてその後点灯表示

に切り替わります。

 

ジムニーは『パートタイム4WD』の為、4WDに切り替えてからの整備された道路での走行はあまり適してはいません。高速走行をし更にカーブなどの時に、ハンドル操作をすると思いますが、この時前輪、後輪に回転差ができます。そのためブレーキがかかったようになる、タイトロックと呼ばれる症状がおこります。

4WDにしたままカーブの多い道の、走行を続けるとこれが原因で異音や故障に至ることもあります。

ジムニー 4WD燃費は良いの?

 

4WDいかにも燃費には良くない響きですよね。

確かに前輪か後輪にのみ駆動を伝える、2WD走行に比べたら、前輪、後輪に駆動を伝える4WDは

余分な動力が生じるため、燃料の消費量も大きくなります。

4WDの中でもスタンバイ式4WDが多いですが、この方式は最近の車に採用されています。

スタンバイ方式は路面を感知して2WDと4WDを切り替えるので通常は2WD走行ですので燃費は良い方だと思います。

 

パートタイム式も手動ではありますが2WDと4WDを切り替える事ができるので燃費は良い方だと思います。

 

フルタイム4WDは両4WDと違って常に4WD走行なので燃費ロスは多いです。またセンターデフを要するので

重量も増し更に燃費の面では良くないです。

 

まとめ

 

以上ジムニーの4WD構造、燃費などをお伝えしましたが、4WDの種類の中にもいろいろな駆動伝達方法があり

それによって燃費の差や走行の差が出たりするものですね。

 

2WDと比べたら4WDは全体的に燃費の面では良くはないですが、積雪や路面が悪い時などは4WDの方が安心して

走行ができますね。

またジムニーは特にオフロード走行を考慮されていますので燃費は重要視した設計になっていません。

その分オフロードで活躍できる構造を作り出すことによって、コアなファンを獲得し、また元々ジムニーに興味のなかったユーザーも巻き込んで、更に長いジムニー人気を保っているのではないでしょうか?

ジムニーの値引き20万円から更に50万円安くする方法!

ジムニーを最安値で購入できる方法について興味はありませんか?
あなたは、いくら頑張ったってディーラーから値引きを引き出すのは無理だと諦めていませんか?

ジムニーを安く買いたいがどうしていいのかわからない方は多いです。
でも相談する専門家もいない!
どうしたら良いのでしょうか?

そんなあなたにジムニーを最安値で購入できる強力な裏技をご紹介します。

この方法はすでに実績がある方法です。
知っている人だけが得をしているのです。
要は知っているか知らないかだけの問題なのです。

究極の最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格はなるべく安くしておいて値引きで対応しようとします。
ですからあなたは、値引きの交渉をとにかく頑張ってください!

もちろん「下取りはディーラーの方に出す予定です」といっておいてくださいね!
あなたが限界まで値引きを勝ち取ってから「やっぱり下取りには出しません」と営業マンに言ってください。

あなたの愛車は買取業者に売却してください。
買取業者の方がディーラーよりも高く買い取ってくれる傾向があるからです。

つまりディーラーになるべく値引きをしてもらい下取り車は買取業者に高く買ってもらいます。

例えば値引き額が20万円で査定額が50万円だとしたら合計80万円安く購入できるという事になります。

これが最終奥義となります。

一括査定サイトを使う理由とは?

なぜ一括査定業者を利用するのがいいかと申します。

まずディーラーより買取業者に依頼した方が良い理由です。

例えばディーラーが下取り額30万円の値を付けたとしましょう。
それが買取業者では80万円に跳ね上がることも珍しくありません。

買取業者も査定額にばらつきがありますので、一括で業者を比較して一番査定額が高いところに売る方がいいのです。
買取業者間で自然に競合が起こり買取価格が跳ね上がるのです。

これがジムニーの値引き20万円から更に50万円安く購入できる最終奥義になります。

 

 

スポンサードリンク