ジムニーの青ブリスクブルーメタリックの特徴と 口コミと評判は?

下取りは絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取りが買取業者では80万円になる事が往々にしてあります。

車一括査定サイトを使うことによって、有名大手の下取り会社があなたの愛車の買取価格を競ってくれるので自然と買取価格が吊り上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば、買取業者の買取価格をディーラーに提示して交渉を有利に進めることもできます 。

 

ジムニーのブリスクブルーメタリックってどんな色なのか気になる方も多いのではないでしょうか?

車のカラーは一度決めたら簡単には変えられないだけにしっかりと吟味したいものです

少し派手な感じがするジムニーの青色ですが、その特徴と口コミや評判に注目してみました!

ジムニーの青色に抵抗感もある人も、この記事を読み終わるころには興味に変わっていることでしょう。

それでは「ジムニーの青ブリスクブルーメタリックの特徴と 口コミと評判は?」についてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

ジムニーの青ブリスクブルーメタリックの特徴とは?

 

スズキのブリスクブルーメタリックはスズキの多くの車種で採用されているカラーです。

・アルトワークス

・ハスラー

・ワゴンR

・スペーシア

・スペーシアギア

・ジムニー

ワゴンRのRRがメインカラーとして採用しているためCMでもよく見かけるカラーとなっています。

透明感のあるスカイブルーで、オーシャンブルーと言った方がわかりやすいかもしれません。

スポーティーなイメージのあるカラーとなっているようですが、新型ジムニーではどのようなイメージになっているのでしょうか。

残念ながら人気カラーのランキングでは下の方になっているようですが、購入したオーナーの満足度は高いようです。

 

ここで自動車においての青色の特徴をご紹介します。

青色のメリット

なんといっても青色を選ぶ人が少ないため、他人と被ることが少ないことです

個性的な色を選ぶには勇気もいりますが、どこを走っても同じ車で同じ色が少ないことは優越感にもなります。

そして汚れが目立ちにくいことが挙げられます。

もちろん定期的に洗車をしなければボディーにダメージは受けてしましますが、黒などに比べたら圧倒的に目立ちにくいようです。

 

青色のデメリット

青色は色褪せがしやすいと言われています。また、汚れは目立ちにくいですが傷が目立ちやすいとうデメリットがあります。

なんといっても一番のデメリットは、青色は近くても遠いと錯覚してしまうというデータもあり一番事故率の高い色とも言われていることです。

誰しも事故にはあいたくないものですが、事故率が一番というのは気が気でないですね。

スポンサードリンク

ジムニーの青ブリスクブルーメタリックの人気を口コミから考察した

flickr by SAUD AL-OLAYAN

 

新型ジムニーのブリスクブルーメタリックを実際に購入したオーナーさんの口コミを見てみましょう。

 

ブリスクブルーメタリックその1

momonori@momonorixさんの新型ジムニー

 

毎日のように新型ジムニーとすれ違っているようですが、ブリスクブルーメタリックの被りは無しとのことです。

同じ車でも色が被らないだけで優越感がありますよね。

 

ブリスクブルーメタリックその2

二階堂 裕@nikaido_wgさんの新型ジムニー

 

サーキット仕様のジムニーの登場ですね!

スポーティー仕様にはブリスクブルーメタリックはぴったり合っていますね。

ぜひ真似したいカスタムジムニーです。

 

ブリスクブルーメタリックその3

bizet1969@bizet196901さんの新型ジムニー

 

海岸線をブリスクブルーメタリックのジムニーで爽快に走っているようです。

青い海に青いジムニー!」想像するだけで羨ましいですね。

この爽快感を味わえるのはブリスクブルーメタリックジムニーの特権ですね。

 

ブリスクブルーメタリックその4

くまちゃん@nise_koyouza76さんの新型ジムニーシエラ

 

こちらはジムニーシエラのブリスクブルーメタリックになります。

天気が良い日はもちろん、曇り空でも鮮やかなブルーが輝いているのがよくわかりますね!

フェンダーの黒とボディーの青がよくマッチしていているようで、ジムニーにもオーバーフェンダーを付けたくなります。

スポンサードリンク

ブリスクブルーメタリックブラック2トーンルーフはどうよ?

flickr by liong park

 

ブリスクブルーメタリックのご紹介をしてきましたが、実は上級グレードの「XC」にのみブラックツートンルーフのジムニーが存在しているのです。

ちなみにオプションカラーとなっているため、ブラック2トーンルーフ仕様車は43,200円高となっています。

ブリスクブルーメタリック一色でも個性を出すには十分ですが、ルーフをブラックにすることで全体が引き締まった感じがします。

バンバーがブラックなので、ルーフも一緒にブラックにすることで全体のバランスがよくなり、2トーンルーフはぜひおススメです。

オーバーフェンダーをカスタムパーツで装着することにより、さらにカッコよさが増すので初めから2トーンルーフにすることをおススメします。

ジムニーの青は色褪せや傷が目立ちやすい?

flickr by nmsamore

 

冒頭でもお伝えしましたが、青色のデメリットとしては色褪せがしやすいことと傷が目立ちやすいことです。

軽自動車の塗膜は普通自動車に比べて薄くなっているため、余計に劣化しやすくなっているようです。

もちろん劣化をある程度は予防できる方法もあります。

 

✔こまめに洗車すること。

 

✔コーティングをおこたらない事。

 

✔保管場所は屋内

 

この3点を実施するだけでも数年後には差がついてきます。

予防その1

汚れたまま放置しているとその汚れによってボディーに傷がついてしまい、傷から劣化が進んでいきどんどんひどくなって行きます。

こまめな洗車をすることによってボディーを良い状態に保つことが大切です。

予防その2

コーティングにはたくさんの種類があるので紫外線から守るコーティング剤を選ぶことが重要です。

一般的なカー用品店で売られているワックスよりはガラスコーティングの方が紫外線を防ぐ事ができるのでおススメです。

ガラスコーティングの費用は高いですが、将来の色褪せを考えたら安いのかもしれませんね。

予防その3

保管場所に関しては紫外線が当たりにくい屋内駐車が基本ですが、どうしても屋外駐車しかできない場合は、ブラック2トーンルーフにするだけでもボディーへの負担は少なくなります。

まとめ

flickr by turbocontinental

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「ジムニーの青ブリスクブルーメタリックの特徴と 口コミと評判は?」についてご紹介しました。

個性的な色であるブリスクブルーメタリックを選ぶには少し勇気がいるとは思いますが、他のジムニーユーザーと被ることが少ないのは優越感にもつながるのではないでしょうか。

人気カラーの「ジャングルグリーン」や「シフォンアイボリーメタリック」もいいですが、思い切って「ブリスクブルーメタリック」を冒険してみるものいいかもしれませんね。

ジムニーの値引き額から更に50万円安くする方法!

 

  • ジムニーは高すぎて予算オーバーだ
  • ジムニーをなるべく安く購入したい
  • ディーラーを何件も回るのは面倒くさい
  • ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ
  • ジムニーを最安値で購入したい

など ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深く
また悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

相談できる専門家に知り合いはありません。
そこで家族や友人に相談するしかありません。

しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。

たとえ聞いてもらったとしてもジムニーを安く買えるわけではありません。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

準備はよろしいでしょうか?

この方法は本当に有効です。
この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でジムニーを購入できることになります。

これがジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

 

スポンサードリンク