ジムニー高速や長距離移動は無謀か?快適になる高速仕様とは?

下取りは絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取りが買取業者では80万円になる事が往々にしてあります。

車一括査定サイトを使うことによって、有名大手の下取り会社があなたの愛車の買取価格を競ってくれるので自然と買取価格が吊り上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば、買取業者の買取価格をディーラーに提示して交渉を有利に進めることもできます 。

 

ジムニーの購入を検討している方が、1番気にしているのは「乗り心地」や「長距離ドライブ」に関しての情報ではないでしょうか?

せっかく購入したのに、長距離ドライブができないなんてもったいないですよね。

今回は、ジムニーの「長距離移動は無謀なのか?」「快適に走れるカスタム方法」について解説していきます。

この記事を読み終わっているころには、長距離運転に関する悪い噂も、すっきりと解決すること間違いなしです。

スポンサードリンク

ジムニーで高速や長距離を移動するのはしんどいのか?

まず前提として、ジムニーの高速運転や長距離移動に関していえるのは、ジムニー以外の車からジムニーに乗り換えている人が対象です。

歴代のジムニーに乗られている人は、モデルチェンジごとに良くなってきている実感しかないからです。

普通自動車や軽自動車からジムニーに乗り換え検討の人は、ぜひ参考にしてください。

高速運転や長距離移動はしんどいのか?

結論から言ってしまえば「しんどい」になります。

でも安心してください、劇的に運転しやすくなる改善方法もありますので、のちほどご紹介します。

ジムニーの高速運転や長距離運転といっても、ATかMT、4WDか2WD、ターボかノンターボによって変わってきます。

ではどのように違いがあるのか比較してみましょう。

ジムニーのATとMTの比較

□AT

高速・・・低速域のトルク重視のため時速80キロが無難

長距離・・振動や横揺れにより腰が痛くなる。坂道では進まない。

□MT

高速・・・スピードが出るまでは回転数が上がりやすくギヤチェンジで忙しい

長距離・・ギヤチェンジを頻繁に行うため左手が疲れる

ジムニーの2WDと4WDの比較

□2WD

高速・・・ホイールベースが短いため安定性がなくスピンに注意

長距離・・燃費は良くなる

□4WD

高速・・・安定性が良くなるが、デフなどの駆動箇所に負担がかかる

長距離・・・燃費が格段に悪くなる

ジムニーのターボとノンターボの比較

□ターボ

高速・・・加速がよい。他のターボ付きの軽自動車よりも静か

長距離・・回転数が高くなりやすいためターボが常に効いている

□ノンターボ

高速・・・加速がでないため、追い越しに時間がかかる

長距離・・燃費は良いが、ストレスがたまる場合がある

スポンサードリンク

ジムニーの高速安定性はどうよ?

ジムニーの高速運転での安定性は、疲労の観点よりも事故やトラブルに合わないことが非常に重要です。

ジムニーに初めて乗る方に、一番知っておいてもらいたい現象「ジャダー現象(シミー現象)

この現象はタイヤが左右に振れると同時に、連動しているハンドルもブルブルと震えてしまう現象で、スピードが出ている状況で起きやすく、初めて遭遇した人は恐怖さえ感じてしまいます。

実際の映像を見ていただけると分かりやすいと思いますので、YouTubeで公開されている映像をご覧ください。

いかがですか?自分が走行していたとしたらパニックになってしまいますよね。

ジャダー現象が起きたらまずは減速が基本です。

速度が変わることにより治まりますが、加速して治める方法は危険を伴うのでおすすめはしません。

ジャダー現象はジムニー特有の現象ですが、対策部品なども出ておりますので対策さえしていれば高速運転も安定できます。

ジムニーの構造は、ラダーフレームとリジッドサスペンションの組み合わせでできています。

その上にボディーが乗っているため、車高が高くなってしまうため重心も高く、安定性が失われています。

高速運転の場合カーブでの横揺れや、強風により影響を受けやすく、ハンドル操作が重要になってきます。

スピードの出しすぎによる転倒事故も多く、運転には注意が必要です。

一方、新型ジムニーではラダーフレームに、X型のクロスメンバーと前後に追加のクロスメンバーが採用されているため、ねじり剛性を従来の約1.5倍に高めているため安定性が格段に良くなっています。

スポンサードリンク

ジムニーの高速道路での回転数と燃費は新型でどう変わっている?

燃費が悪いと悪評のジムニーですが、新型ジムニーではどう変わったのでしょうか?

実際のジムニーオーナー達の口コミを見てみましょう。

JB23ジムニーの燃費と回転数

カタログ燃費はATで13.6km/L、MTで14.8km/L

時速100キロの場合MTで4330rpm、ATで3815rpm

JB23 7型 MT ランドベンチャーのオーナーさんの声

街乗り:12km/L~13km/L

高速:13km/L前後

エアコンを入れると、パワーダウンと燃費悪化が顕著にでる。

時速60キロキープで一番燃費が良い。

JB23 10型 MT XGのオーナーさんの声

街乗り:12km/L前後

高速:15km/L前後

アルミホイールへの変更や低燃費タイヤへの変更でさらに期待できる。

JB23 AT ランドベンチャーのオーナーさんの声

街乗り:10km/L前後

高速: 13km/L前後

高速で80キロ以上だすと、空気抵抗もあり燃費がガタ落ちする。

JB64ジムニーの燃費と回転数

カタログ燃費はATで13.2km/L、MTで16.2km/L

時速100キロの場合MTで3899rpm、ATで3815rpm

JB64 MT XCのオーナーさんの声

街乗り:12km/L~15km/L

高速: 16km/L前後

運転の仕方により燃費に差が出やすい。

JB64 MT XLのオーナーさんの声

街乗り:17.5km/L

高速: 17.5km/L

ギアリングと電子スロットルの採用で燃費向上に繋がっている。

燃費とともに乗り心地も抜群。

JB64 AT XCのオーナーさんの声

街乗り:12km/L

高速: 16km/L

ATでこのくらいなら上出来です。

燃費を気にしすぎて、スピードが遅く感じるのはしょうがないですね。

ジムニーの高速長距離仕様についてカスタム化の提案

少しでも快適に高速長距離仕様に近づけるため、様々なカスタムパーツが発売されています。

乗り心地が改ざんされたと、多くの反響があったカスタムパーツをいくつかご紹介しましょう。

シートを変える

ジムニーはオフロードによる安定性を重視しているためシートが硬くなっています。

振動が伝わりやすい原因にもなるため、社外のシートカバーやシート本体を交換することにより長距離運転も楽になったとの声が聞かれます。

自分の好みに合った硬さを選ぶとよいでしょう。

タイヤを変える

街乗りに適したパターンと硬さのタイヤに交換することにより、乗り心地とロードノイズの減少につながり、快適なドライブをすることができます。

ステアリングダンパー

ジムニー特有のジャダー現象やハンドルのふらつきを、抑えたりすることができます。

軽すぎるハンドリングを、ダンバーの油圧により強制的に重くしてしまう、逆転の発想です。

パワステがついている車でしたら、多少の負荷は気にならないそうです。

ダンパー交換

高圧ガス式や低圧オイル式など様々な種類があります。

減衰力調整付きのダンパーもあり、乗り心地が劇的に変化します。

ダンパー交換と同時にサスペンションでリフトアップもできますが、高速長距離使用であれば横揺れの影響を受けやすいリフトアップはおススメしません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「ジムニー高速や長距離移動は無謀か?快適になる高速仕様とは?」についてご紹介させていただきました。

ジムニーでの高速運転や長距離運転に疑問を持っていた方も、きっと問題が解決できたのではないでしょうか。

ジムニーを選ぶという選択は、運転を楽しむという選択と同じようなものです。

燃費や乗り心地ばかりを気にしては、せっかくのドライブも台無しです。

大好きな人大好きな車なら、運転の疲れなんてきっと忘れてしまうでしょう。

ジムニーの値引き額から更に50万円安くする方法!

 

  • ジムニーは高すぎて予算オーバーだ
  • ジムニーをなるべく安く購入したい
  • ディーラーを何件も回るのは面倒くさい
  • ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ
  • ジムニーを最安値で購入したい

など ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深く
また悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

相談できる専門家に知り合いはありません。
そこで家族や友人に相談するしかありません。

しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。

たとえ聞いてもらったとしてもジムニーを安く買えるわけではありません。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

準備はよろしいでしょうか?

この方法は本当に有効です。
この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でジムニーを購入できることになります。

これがジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

 

スポンサードリンク