ジムニーとハスラーどちらを選ぶ?硬派なジムニーか優等生のハスラーか?

Featured Video Play Icon ジムニーの評価

下取りは絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取りが買取業者では80万円になる事が往々にしてあります。

車一括査定サイトを使うことによって、有名大手の下取り会社があなたの愛車の買取価格を競ってくれるので自然と買取価格が吊り上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば、買取業者の買取価格をディーラーに提示して交渉を有利に進めることもできます 。

 

購入時に良く比較される、ジムニーとハスラーの2車種ですが、どちらを選ばれるかはあなた次第です。

しかしここで比較したものを見てから決めてみてはいかがでしょう?

ハスラーにしとけば間違いなし?納期も短いし、種類も豊富でオシャレです。

それとも無骨なジムニーをじっくり待って、アクティブに乗りこなしますか?

ここではジムニーとハスラーの、どちらにしようか迷われている方必見!

それぞれの車種を比較してみてどうなのかを見ていきましょう。

スポンサードリンク

ジムニーとハスラーの価格を比較した!

まず購入の検討材料で一番気になるのは『価格』ではないでしょうか?

この価格ですが、グレードによってもバラツキがあると思うので、それぞれジムニーとハスラーのグレード別の価格を見ていきましょう。

ハスラー
グレード 2WD(税込) 2トーンルーフ(税込)
4WD(税込) 2トーンルーフ(税込)
A 1.100.520円 設定無し 1.221.480円 設定無し
G(5MT) 1.197.720円 1.240.920円 1.313.280円 1.356.480円
G(CVT) 1.323.000円 1.366.200円 1.449.360円 1.492.560円
Gターボ 1.409.400円 1.452.600円 1.535.760円 1.578.960円
J 1.485.000円 1.528.200円 1.611.360円 1.654.560円
Jターボ 1.578.960円 1.622.160円 1.705.320円 1.748.520円
Wanderer(特別仕様車) 無し 1.734.480円 無し 1.734.480円
TOUGH WILD 無し 1.487.160円 無し 1.613.520円
ジムニー
グレード 5MT(税込) 2トーンルーフ(税込)
CVT(税込) 2トーンルーフ(税込)
XG 1.458.000円 無し 1.555.200円 無し
XL 1.582.200円 無し 1.679.400円 無し
XC 1.744.200円 無し 1.841.400円 無し

【XG,XLにはセーフティサポート装着可、別途42120円かかります】

グレードにもよりますが、基本的にはハスラーの方が高いようにも見えますが、セーフティーサポートがジムニーの場合選択ができます。

この表の価格にはセーフティーサポートは入っていませんので、実際に、機能や、乗り心地、車体の造りなど考えれば、どちらがより安いのでしょうか?

価格の面でいえばグレード別で選べるハスラーの方が有利ですね。

 

スポンサードリンク

ジムニーとハスラーのを装備を比較した!

近年安全装置や、燃費向上機能がついてきていますが、ジムニーやハスラーの装備でどのような違いがあるのかをまとめて掲載していきましょう。

今や安全装備は当たり前についてますがこちらの機能は両車種どのようなものが付いているのでしょう?

ジムニーのSUZUKI Safety Suppprtの内容は?

デュアルセンサーブレーキサポート いわゆる自動ブレーキサポートで、前方の車両や歩行者を検知し衝突の回避や軽減をしてくれます。【単眼カメラとレーザーレーダーにて検知されます。】
車線逸脱警報装置 60km/h~100km/hで走行中に車線をはみ出すと、ブザーやメーターの表示で注意を知らせてくれます。
標識認識機能 単眼カメラが認識した標識を、標識通過前にブザーやメーター内の表示にてドライバーに知らせてくれます。
誤発進抑制機能 AT車に限られますが、Dレンジ、2、Lレンジにシフトが入っている状態で、停車または徐行中に(10Km/h以下)前方4m以内の障害物を認識して、アクセルを誤って強く踏むとブザーやメーター内の表示で衝突防止、または軽減されます。
ふらつき警報装置 60Km/h~100Km/hで走行中左右の区画を検知し蛇行などをシステムが検知すると、ブザーやメーター内表示にて警告されます。
先行車発進お知らせ機能 AT車限定ですが、D,N,2,Lレンジにシフトが入っている状態で、ブレーキをかけて停車されている場合、先行車が発進し、5m以上離れても発信しない場合、ブザーやメーター表示にてお知らせします。
ハイビームアシスト 30Km/h以上で走行中オートライトやハイビームを選択しているときに、対向車、先行車、街路灯などがある場合はローに切り替えてくれます。

 

ハスラーのSUZUKI Safety Suppprtの内容は?

デュアルカメラブレーキサポート いわゆる自動ブレーキサポートで、前方の車両や歩行者を検知し衝突の回避や軽減をしてくれます。【2つのカメラを搭載ステレオカメラ方式】
車線逸脱警報装置 60km/h~100km/hで走行中に車線をはみ出すと、ブザーやメーターの表示で注意を知らせてくれます。
誤発進抑制機能 AT車限定ですが、Dレンジ、2、Lレンジにシフトが入っている状態で、停車または徐行中に(10Km/h以下)前方4m以内の障害物を認識して、アクセルを誤って強く踏むとブザーやメーター内の表示で衝突防止、または軽減されます。
ふらつき警報装置 60Km/h~100Km/hで走行中左右の区画を検知し蛇行などをシステムが検知すると、ブザーやメーター内表示にて警告されます。
先行車発進お知らせ機能 AT車限定ですが、D,N,2,Lレンジにシフトが入っている状態で、ブレーキをかけて停車されている場合、先行車が発進し、5m以上離れても発信しない場合、ブザーやメーター表示にてお知らせします。
全方位モニター用カメラ オプションですが、全方位モニター用カメラパッケージ装着車には前後左右4か所の、運転席から見えにくい場所にカメラが設置され、対応ナビゲーションを付ければモニターが映し出されます。

 

ジムニーとハスラーその他の装備

ジムニーの装備は本格的!

ブレーキLSDトラクションコントロール…パートタイム4WDでも、左右のどちらかが空転した場合にもう片方の車輪の駆動力が失われるため、電子制御のブレーキLSDを標準装備しています。沼地のような場所にはまった場合役立ちます。

ヒルホールドコントロール…坂道発進の時に下がらないように一時的にブレーキが作動します。MT車にもついています。

ヒルディセントコントロール…急な下り坂を降りる場合に加速を抑えてくれます。

クルーズコントロールシステム…45Km/h~100Km/hを自動的に維持され、高速や長距離などで約に立ちます。

サイドアンダーミラー付きドアミラー

全面UVカット機能付きガラス

ヘッドランプウォッシャー

ハスラーは必要十分な装備!

グリップコントロール…雪やぬかるみなどの滑りやすい路面で、片方の車輪が空転した時に、力が空転している車輪にいき動けなくなります。そんな場合にグリップコントロールをONにすることで、スリップした車輪のブレーキ制御を早めて、グリップ側の車輪に力を集中させて発進を助けてくれます。

ヒルホールドコントロール…坂道発進の時に下がらないように一時的にブレーキが作動します。MT車にもついています。

ヒルディセントコントロール…急な下り坂を降りる場合に加速を抑えてくれます。

クルーズコントロールシステム…45Km/h~100Km/hを自動的に維持され、高速や長距離などで約に立ちます。

S-ene CHARGE…減速時のエネルギーを利用しISG(モーター機能付発電機)で発電し、リチウムイオンバッテリーに充電します。リチウムイオンバッテリーはアイドリングストップ車専用鉛バッテリーとS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーの2つあります。

イモビライザー

パドルシフト

電格ドアミラー

プレミアムUV&IRカットガラス

ナノイー搭載エアコン(ブラックインテリアPKG)

スポンサードリンク

ジムニーとハスラーの走行性能を比較した!

走行性能はどちらが良いのでしょうか?実際乗られている方の意見をまとめました。

ジムニーの走行性能は不整地では抜群!

XC AT車

初めてモーグルっぽいところ走ったが、なかなかよかった、車の重さが気になるが自分がダイエットすればいいだけかなw

XG  AT車

ターボもあってトルク十分です。ただ坂道が、ちょっと加速しようかなーって時はちょっと踏み込まないと速度が乗ってくれません。ハンドリングも素直で思ったような運転がしやすいです。パワステのおかげでハンドル操作も軽いので違和感がありません。

XC  MT車

縦置きFRレイアウト素性の良さを感じます。絶対的なパワーはなくても運転して楽しいです。

ハスラーの走行性能は街中で本領発揮!

G CVT

発進時はモーターアシストがあるので、市街地では加速にもたつくことはありません。

納車翌日に試運転がてら、隣町まで軽いドライブに行きましたが、途中のアップダウンも問題ありません。

年齢的にスピード出さなくなったのもありますが、週末にしか乗らない自分には十分です。

Jターボ 4WD CVT

加速はなかなか、ブレーキはストロークが長い、ロールアンダーはあるが慣れれば、曲がれる、軽でもクルコンは便利。

G 4WD Mt

不整地などを走る時を想定して4WDにしました、街中でも安定したトラクションがかかるので天候に左右されがたく安全性は高いと思います。

という声をまとめてみました。ジムニーのユーザーは、しっかり特性を把握して購入されていますね。

路面を拾ったり、振動が多いという声はありましたが、全く不満の声はありませんでした。

ハスラーも乗り心地は良いみたいで、とても気に入って乗られている方が多いです。

しかし、ハスラーの方がS-エネチャージなどの機能が付いている分、走りにやや癖が見られます。

ですので乗り慣れるまで、少し時間がかかりそうなどの声が見受けられました。

ジムニーとハスラーの燃費性能を比較した!

燃費の比較でこれからの維持費の計算ができますね。ここでも実際に乗られているユーザー様の声を元に比較していきましょう。

ジムニーの燃費はやっぱり悪い?

XG  AT

町乗りして18L?踏み込み多いと15Lくらいかな?

XC MT

高速80Km/h定速で19Km/L前後、町乗りで13Km/L前後、幹線道路で18Km/L前後と十分な燃費です。

XL MT

3500Km走行して17Km/Lです。エコ運転意識して3000回転以上回さないよう意識しています。

ハスラーの燃費はジムニーより良い?

Jスタイル ターボWD CVT(Xから乗り換え)

メーター上で表示される燃費と、満タン法で計算した燃費の誤差が少ないです。

これまでの平均燃費が19Km/Lで、前者のX-4WDが平均21.27Km/Lだったので悪くなっていますがターボの恩恵はそれ以上です。

G 4WD MT

信号等でGo&ストップを繰り返しても18Km/L前後は走ります。

Xターボ 4WD CVT

良くないと思いました。燃費走行を心がけたら15km/L、高速道路18Km/Lと良くなりました。

と、ジムニーは期待が薄かったのに比べて、実際走行してみると、意外と良いというユーザーさんがほとんどでした。

それに比べてハスラーは燃費も期待が大きい分、実燃費が期待ほどではなかった、との声がちらほら。

実際の燃費はハスラーの方が良いみたいですが、期待度を比べるとジムニーの方が満足度は高そうです。

まとめ結局ジムニーとハスラーどちらを選ぶ?

それぞれ、ジムニーとハスラーの良い部分と物足りない部分がわかっていただけたでしょうか?

ハスラーのユーザーは燃費や乗り心地、装備などをある程度重要視したうえで、購入されている方が多いみたいです。

一方、ジムニーユーザーは、乗り心地や燃費など、全く気にしていないので、この新型になっての燃費や走行性能に驚いている様子がわかりました。

ハスラーにするかジムニーにするか、今も迷っている方、ハスラーのS-エネチャージや燃費、走行性能など、良い部分が多いです。

しかしジムニーの昔からのユーザーで走りや、燃費を気にしないなら、迷うことなく次もジムニーですね!

ジムニーの値引き額から更に50万円安くする方法!

 

  • ジムニーは高すぎて予算オーバーだ
  • ジムニーをなるべく安く購入したい
  • ディーラーを何件も回るのは面倒くさい
  • ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ
  • ジムニーを最安値で購入したい

など ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深く
また悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

相談できる専門家に知り合いはありません。
そこで家族や友人に相談するしかありません。

しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。

たとえ聞いてもらったとしてもジムニーを安く買えるわけではありません。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

準備はよろしいでしょうか?

この方法は本当に有効です。
この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でジムニーを購入できることになります。

これがジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

 

スポンサードリンク







コメント