ジムニーの後部座席は狭くて家族で使うのは無理?荷室を広く取るには?

下取りは絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取りが買取業者では80万円になる事が往々にしてあります。

車一括査定サイトを使うことによって、有名大手の下取り会社があなたの愛車の買取価格を競ってくれるので自然と買取価格が吊り上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば、買取業者の買取価格をディーラーに提示して交渉を有利に進めることもできます 。

 

歴代のジムニーの弱点といえば「2ドア」、「車内空間が狭い」、「燃費が悪い」

というイメージがありませんか?

今回は弱点の1つである「車内空間が狭い」にフォーカスしてみたいと思います。

ファミリーカーで使えるのか?車内泊はできるのか?長距離にむいているか?

そんな疑問を持っている方も、きっと解決方法が見つかるはずです。

それでは「ジムニーの後部座席は狭くて家族で使うのは無理?新型は旧型に比べて広いの?」について解説していきましょう。

スポンサードリンク

新型ジムニーの車内は狭い?

 

 

昔から、ジムニーの車内は狭いとよく耳にします。

初めて買った車がジムニーの場合は、そんなものかと思うかもしれませんが、他車種から乗り換えた人にとっては、あまりの狭さにビックリするようです。

とくに後部座席の狭さは「座席」というのに「人」が乗れないほど狭く感じておられる方もいうるようです。

ではどれくらい狭いのか、実際のユーザーの声を聞いてみましょう!

旧型ジムニーの広さは?

✔JB23 AT 身長170㎝

後部座席は子供専用じゃないときつい。大人だと膝を90度曲げてなきゃ乗れない。

前のシートに当たりっぱなしで足を組めない。

 

✔JB23 AT 身長177cm

4人乗りの設定だが、後部座席はおまけ。基本的には一人乗りと考えてもよい。

メリットは後部座席に置いたものも取りやすい。助手席のドアにも座ったまま手が届く。

 

✔JB23 AT 身長175cm

2人乗りなら問題なしだが、流石に大人4人は狭い。荷物が積めなくなってしまう。

 

新型ジムニーの広さは?

✔JB64W AT 身長180㎝

やや窮屈だが、シートの硬さもちょうどよく1時間くらいなら座ってられそう。

 

✔JB64W AT 身長170㎝

リアシートのクッションはいいが、前席に座る人のシートポジションによって、狭さが左右される。前席が一番後ろのシートポジションであれば、後部座席はかなり気を遣う。

 

✔JB64W AT 身長170cm

スクエアフォルムのおかげで大人でも普通に座れる。子供には十分すぎる広さ。

とくに天井が広く感じる。

 

どうでしょうか?

ジムニーは狭いというイメージは、旧型のJB23モデルで止まっているようです。

新型ジムニーからは狭いという印象は、比較的少なくなっています。

ラダーフレームの採用と、大きいタイヤサイズを使用しているため、どうしても車内空間の犠牲は避けられないようです。

それでもファミリーカーで使用したいと、考えている人のために「後部座席は家族で使うのには狭い?」についてご紹介します。

スポンサードリンク

後部座席は家族で使うのには狭い?

 

結論から言ってしまえば、ファミリーカーとしての選択肢は考えない方がよいでしょう。

ファミリーカーといえば、家族で長距離の旅行や買い物の荷物をたくさん積むなど、車内スペースの問題が重要です。

 

夫婦2人であれば問題ないでしょうが、子供も入れて4人となると不便なことが多いようです。

まず、2ドアのため後部座席に乗るには、前席のシートを前に出しその隙間から後ろに乗り込まなければなりません。

子供が後ろに乗ると想定した場合、車高が高いためある程度の身長がなければ乗りづらいようです。

子供だけではなく、お年寄りにも言えることなので、やはりジムニーは万人受けする車ではないのです。

 

またシートが硬くなっているため、人によっては長時間の乗車は疲れるという声も聞あります。

オフロードを想定して作られており、揺れや衝撃に対応した硬めのシート設定をしているため、クッションなどで対策が必要です。

「エコノミー症候群」について

ここで1番注意しておいてほしいことがあります。

みなさんも1度は聞いたことがあるはず「エコノミー症候群」です。

長時間同じ姿勢で座りっぱなしの場合、足の血の流れが悪くなり血栓ができ痛みや腫れができ、最悪場合は死に至る症状です。

軽自動車はとくになりやすいと言われていますが、ジムニーの後部座席はそれ以上に狭いので注意が必要です。

もし4人乗車で長距離運転が必要な場合は、1時間に1回は車から降りストレッチや軽い散歩などで「エコノミー症候群」の対策をしましょう。

スポンサードリンク

旧型に比べて新型は広くなったの?

20年ぶりのフルモデルチェンジをした新型ジムニー。

昔のデザインのようなスクエアフォルムで、JB23と比べると見た目が少し大きくなった印象も受けます。

気になる室内は広くなったのでしょうか?

新旧ジムニー、そして軽自動車の中でも大容量のウェイクを比較してみましょう。

JB23ジムニー 新型ジムニー ウェイク
室 内 長 1660㎜ 1795㎜ 2215㎜
室 内 幅 1220㎜ 1300㎜ 1345㎜
室 内 高 1210㎜ 1200㎜ 1455㎜

やはりダイハツのウェイクが断トツの広さであることが一目瞭然です。

開発コンセプトが全く違うのでこれはしょうがないですね。

 

それではジムニーの新旧比較をみてみましょう。

新型ジムニーの方が、室内長が135㎜長くなっていて、室内幅も80㎜広くなっていることがわかりますが、意外にも室内高は10㎜低くなっています。

新型ジムニーに試乗した人の多くは、旧モデルよりも広く感じるといった声も多く、数値よりも視覚的な広さを感じる人も多いようです。

 

またシートアレンジがフルフラットにできるため、前モデルよりも使い勝手がよく、今まで積めなかった大きな荷物も積載できるほか、1人や2人であれば車内泊も可能なようです。

さらに、使い勝手をよくするための便利なアイテムが装備されています。

・ユーティリティナット

・荷室フックナット

・ラゲッジアクセサリーソケット

・ラゲッジボックス & ツールボックス(XC、XL)

・センターコンソール/ドリンクホルダー

・脱着式ドリップレール

・後席シートベルト

新型ジムニーの荷室を広くとるにはどうしたらよいのか?

フルフラットにすることによって、荷室を最大限に広く使えるようなりましたが、さらに広く使えるにはどうすればよいでしょうか?

ここでジムニーの荷室を広く使えるためのアイテムを、紹介したいと思います。

リアゲートストレージボックス

✔リアゲートストレージボックス

リアゲート側につけるボックスになります。

マジックテープなので簡単に取り付け取り外しができ、使用しないときはコンパクトに折りたためるため、アウトドアや車内泊時に役立つアイテムです。

ルーフキャリア

✔ルーフキャリア

ジムニー乗りであれば定番アイテムであるルーフキャリア

アウトドアで使用される事が多いジムニーですが、見た目だけのアイテムではなく役立つことも多く、室内に積めない大きな荷物も積めるほか、ボックスを装着すれば汚れたものや濡れたものも一時的に積んでおくことができます。

ロッドホルダー

✔ロッドホルダー

キャンプや釣り好きの方であれば、大事な釣竿の積む場所に悩まされることもあります。

そんな時は天井の空間を有効活用できるロッドホルダーがおススメです。

注意点は、身長の高い方が乗る場合は、頭に当たって邪魔になる場合があるので注意しましょう。

カータープ

✔カータープ

スズキ純正のためジムニー専用設計になっています。

海や山など様々な場所で使うことがで、収納時はコンパクトになるため、常備しているときっと役に立つアイテムです。

ヒッチメンバー&キャリア

✔ヒッチメンバー&キャリア

本来はトレーラーなどを引っ張るためのヒッチメンバーですが、キャリアを取り付けることによりキャンプ道具や自転車まで車外に積載することができます。

本格的なアウトドア派であればぜひ装着したいアイテムですね。

まとめ

flickr by stokebear

いかがでしたでしょうか?

今回は「ジムニーの後部座席は狭くて家族で使うのは無理?荷室を広く取るには?」についてご紹介しました。

やはりジムニーは家族向けには厳しい印象が受けますね。

セカンドカーや趣味の車といった感じで使用するのが、1番ジムニーらしく使いこなせる車だと思います。

もし、ファミリーカーとしてジムニーの購入を検討されているのであれば、スズキのハスラーなども1度試乗してみてもいかがではないでしょうか。

ジムニーの値引き額から更に50万円安くする方法!

 

  • ジムニーは高すぎて予算オーバーだ
  • ジムニーをなるべく安く購入したい
  • ディーラーを何件も回るのは面倒くさい
  • ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ
  • ジムニーを最安値で購入したい

など ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深く
また悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

相談できる専門家に知り合いはありません。
そこで家族や友人に相談するしかありません。

しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。

たとえ聞いてもらったとしてもジムニーを安く買えるわけではありません。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

準備はよろしいでしょうか?

この方法は本当に有効です。
この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でジムニーを購入できることになります。

これがジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

 

スポンサードリンク







おすすめの記事