ジムニーのオイル交換の費用はいくら?交換の時期はどのくらいが良いの?

Featured Video Play Icon ジムニーのメンテナンス

下取りは絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取りが買取業者では80万円になる事が往々にしてあります。

車一括査定サイトを使うことによって、有名大手の下取り会社があなたの愛車の買取価格を競ってくれるので自然と買取価格が吊り上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば、買取業者の買取価格をディーラーに提示して交渉を有利に進めることもできます 。

 

ジムニーの新車を購入された方はずっと調子が良い状態で乗りたいですよね。

◆ ジムニーが納車されて、単純に乗ってる?
◆ 気づけばオイル交換の時期っていつ?
◆ どんなオイル入れたらよいの?
◆ お店に言われるままに入れたらよいの?
◆ 自分で交換可能?

などなど気になる、オイルのメンテナンスをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ジムニーのオイル交換の時期は?

Photo by Daisuke Yamaguchi

オイル交換の時期はいつしたら良いのか?車に詳しくなくても知っておきたい基礎知識ですね!

怠ると、どこにどのような影響が出るのかをご紹介していきます。

まずはオイルの役割をご紹介いたします。

エンジンオイルの役割
潤滑 エンジン内のクランクメタルやカムなどの金属同士がこすれ摩擦をするのですが、その摩擦を軽減し、エンジン内部を潤滑させます。
冷却 エンジンオイルが、エンジン内部を回り内部に発生した熱を抑え、冷却してくれる役割を果たしてくれます。
気密保持 シリンダーとピストンが動きやすいよう隙間がありますが、その隙間にエンジンオイルが入り込んで潤滑と共に、気密性も保持します。
清浄分散 エンジンの稼働で化合物やスラッジ(汚れ)が発生しますが、この汚れを分散、酸化の中和をする役割があり、燃焼室に入り込んだ粉塵を洗浄してくれます。
防錆防食 エンジンの内外の温度差で結露が内部に発生することがあります。この水分がエンジン内部に腐食をもたらせます。これを予防してくれるのがエンジンオイルの役割になります。

というようにエンジンオイルは非常に大事な役割を果たしています。ジムニーでもそれは大事なメンテナンス部分になってきます。では肝心の交換の時期はどうでしょう?

ジムニーエンジンオイル交換時期

基本エンジンオイルの交換時期は3カ月~6か月の間、または走行3000Km~5000Kmの間に行うのがベストです。

3カ月~6カ月というのは、走行距離があまり延びない方でも必要です。

なぜなら、エンジンオイルの劣化を招き、エンジンオイルの性能が落ちてしまい、エンジン内部に良くない影響を与えてしまいます。

なので、最低でも半年後には交換を心がけてください。

その反対に期間の短い間に走行距離が3000Km~5000Km走る方は、その走行距離内での交換をオススメいたします。

表でご紹介したように、エンジン内部にはスラッジが溜まっていきます。

これをエンジンオイルが分散してくれますが、汚れが溜まってしまうといくら分散してもゴミだらけだと、詰まってしまいますよね。

ですのでエンジンオイルはこまめに確認、交換してください。

 

スポンサードリンク

ジムニーのオイル交換の量と種類は?

エンジンオイルには種類が色々ありますが、メーカーが推奨するエンジンオイルがあります。

ではジムニーに推奨されているオイルの粘度は?その前に、粘度とは?オイルの硬さと呼び名をまずご紹介していきましょう。

エンジンオイルの種類

『0W-20』 『5W-30』など良く、カーショップやホームセンターなどで売られている、エンジンオイルの缶に書かれていますよね?

この数字こそメーカーが推奨するエンジンオイルの種類で、この数字こそがエンジンオイルの粘度を示すものです。

『5 W - 30』 この数字の左から

5(低温時の粘度)

W(WはWINTER冬の略)

30(高温時の粘度)

0W
5W
10W
15W
20W

低速時の温度で数字が小さいほど粘度が低い

20
30
40
50
60

数字が大きいほど粘度が高い

以上で粘度はお分かりいただけたかと思いますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

低粘度ほど始動性が良くて、高粘度ほど高速性能に優れています。

国産車に多いのは、5W-20、5W-30などが推奨されています。

エコカーなどは0W-20オイルが推奨されています。

特徴
低粘度オイル サラサラで燃費が向上する

低温での始動性に優れている

エンジンの保護性能は高粘度オイルよりは弱い
高粘度オイル ネバネバで静寂性に優れている

高温でもエンジンを保護する

燃費には良くない

というように粘度が色々あります。ジムニーには5W-30が指定されています。

エコカーに比べてオフロードなどで力強く走るためにやや硬めのオイルが推奨されているのだと思います。

また、スズキの純正オイルがあります。

これはジムニーに限らず、ECSTAR-Fという銘柄の物が使われていることが多いです。

ではエンジンオイルの量ですが、2.5L~3Lですが、エンジンオイルのみの交換であれば2.5Lで収まると思います。

オイルフィルターがあればややオイル量が増えるので、3Lまでいかないかも知れませんが、エンジンオイルのみよりもやや増えると思います。

スポンサードリンク

ジムニーのオイル交換費用は?

エンジンオイルの交換の工賃やオイルの価格など、それぞれのお店やオイルのグレードによって価格が変わってきます。

どこで交換するかによりますが、デイーラー、カーショップなどの工賃を調べてみました。

エンジンオイルの価格

基本リッター何円という感じで価格の設定がありますが、一番安い店舗ではリッター100円というところもあります。

でもほとんどのお店がリッターあたり500円から良いオイルだと3000円くらいまでの差があります。

一般的なエンジンオイルの価格は大体500円~1000円くらいです。

 

カーディーラー

店舗によって交換工賃が違うと思いますが、私の調べでいきますと、エンジンオイル交換費用として1620円、それにオイルのリッター価格です。

純正オイルを使用されると思うのでややオイルの料金が高いと思います。

購入されたディーラーさんであれば工賃無料になるかもしれません。

また、代理店や町工場などはその他のウォッシャー液やタイヤ空気圧なども確認してくれたりします。

カーショップ

お店によって特徴が様々ありますが、基本工賃が540円または1080円くらいです。

しかし、会員登録や会員カードなどを作れば工賃無料になったりするお店もあります。

お店によりますが入会金や年会費がかかるところもあります。

 

ジムニーのオイル交換を安く済ませる方法とは?

Photo by kura.chi748

良くメンテナンスの維持費としてかかってくるのはエンジンオイルの交換費用だと思います。

この交換を安く抑えれれば維持費も浮きますね。

ではどのような方法が一番安く上がるのでしょう?

格安のお店でオイル交換

一番安く抑えるには、格安オイル交換のお店で、エンジンオイルの交換をすることじゃないかと思います。

リッター100円のお店で3リッター入っても300円に消費税がかかり、工賃無料です、超格安ですよね。

安いだけで良いのでしょうか?

オイルとしては問題ないと思います。

では何が問題なのでしょう?

デメリット

人が多いので待ち時間が長い

・きちんと車に合った粘度のオイルを入れてもらってるか?

・流れ作業的でその他は見てくれない。

など、それでも大丈夫な方には良いですね、金額だけを言えば文句なしですから。

自分でオイル交換

自分でオイル交換をするといくらくらいかかるのでしょうか?

また何を準備してどのように行えばよいのでしょう?

準備するもの

・エンジンオイル…カーショップなどで購入可、2000円~3000円くらい

・オイルドレインコックを外す工具…大体14の眼鏡レンチや、ボックスレンチがあれば外せます。

・ジャッキ…下からオイルを抜くので少し浮かせる必要があります。

・パーツクリーナー…エンジンオイルのこぼれや、古いオイルが周りについた場合これで取れます。

・ウエス…雑巾でも大丈夫です。オイルのチェックやこぼれを拭きます。

これらの工具を揃えていく事と、毎回自分で作業をすることを考えたらどちらが良いのでしょう?

個人的な意見はなじみの車屋さんや、カーショップ、ガソリンスタンドなどがあれば、少し高くても他の点検などもしてくれるのでそちらでオイル交換をお勧めいたします。

ご自分でされる方、こちらを参考にしてください。

まとめ

DSC_0508

エンジンオイルの交換は車の寿命にかなりの影響があることがわかりますね。

また燃費や走りにも影響してきます。

お店でエンジンオイル交換をするメリットやご自分で行うメリットなど様々あります。

しかし、なじみのお店であれば、状態などを把握してくれていたり、ちょっとした点検や気づきなども教えてくれると思います。

自分で作業して安く抑える事に、気を取られるとかえって高くついてしまう事もありますのでご注意を。

ジムニーの値引き額から更に50万円安くする方法!

 

  • ジムニーは高すぎて予算オーバーだ
  • ジムニーをなるべく安く購入したい
  • ディーラーを何件も回るのは面倒くさい
  • ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ
  • ジムニーを最安値で購入したい

など ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深く
また悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

相談できる専門家に知り合いはありません。
そこで家族や友人に相談するしかありません。

しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。

たとえ聞いてもらったとしてもジムニーを安く買えるわけではありません。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

準備はよろしいでしょうか?

この方法は本当に有効です。
この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でジムニーを購入できることになります。

これがジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

 

スポンサードリンク







コメント