新型ジムニーおすすめオプション5選!間違いのないパッケージの選び方は?

下取りは絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取りが買取業者では80万円になる事が往々にしてあります。

車一括査定サイトを使うことによって、有名大手の下取り会社があなたの愛車の買取価格を競ってくれるので自然と買取価格が吊り上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば、買取業者の買取価格をディーラーに提示して交渉を有利に進めることもできます 。

 

楽しみに、待ちに待った新型ジムニー!

今回は新型ジムニーのオプションについて考察していきたいと思います。

ここでは更に楽しくジムニーを乗るために、それぞれのシーンに合ったオプションがあります。

自分によりあったスタイルを見つけてカスタマイズを楽しんでいきましょう!

スポンサードリンク

新型ジムニーのおすすめオプション5選

通常グレードは?

グレード別で、XG,XL、XCと3グレードがあります。まずはこの中の装備をそれぞれ紹介していきましょう。

XGグレード … 主な装備は、『マルチリフレクターハロゲンヘッドライトマニュアルレベリング機構付き、エアコン、サイドアンダーミラー、ウレタンステアリングホイール、16インチスチールホイール、キー』が基本装備です。

XLグレード … 主な装備は、『マルチリフレクターハロゲンヘッドライトマニュアルレベリング機構付き、フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ、フルオートエアコン(エアコンフィルター付き)、電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納)、16インチスチールホイール、携帯リモコン』が基本装備です。

XCグレード … 主な装備は、『LEDヘッドライト(ハイロービーム、オートレベリング機構、LEDポジヨンランプ付き』、ヘッドランプウォッシャー、クルーズコントロールシステム、本革巻きステアリングホイール、LEDサイドターンランプ付きドアミラー、16インチアルミホイール』が基本装備です。

以上、通常グレードにそれぞれ装備されています。

ここからそれぞれのスタイル5選をご紹介!!

HERITAGE STYLE

ヘリテージスタイル

ジムニーの伝統を継承!このスタイルを選ぶことで、昔ながらのジムニーを意識したスタイルオプションで、

新しい雰囲気を持ちながら、レトロな雰囲気をも残した懐かしいオプションです。

装備アクセサリーは以下の通りです。

サイドデカール…旧型のデザインをモチーフにしたスタイルです!レトロな模様で懐かしい雰囲気があります。

昔からのファンもこれなら楽しめますね!

ドアミラーカバー…LEDサイドターンランプ付きドアミラー用、もちろん左右セット

スペアタイヤハーフカバーデカール…スペアタイヤのホイール部分を覆うカバーです。

マッドフラップセット…レトロな赤色で前後のマッドフラップセット!新型に映える赤色にどこか懐かしい雰囲気があるセットです。

カラードスチールホイール…アルミホイールではないのですが、ジムニー独特のスチールホイールでレトロ感が増します!

ナンバープレートリム…これがないと寂しいですよね。ナンバーの周囲を彩ります!

SURVERVIVAL STYLE

サバイバルスタイル!サバイバルを好まれる方にはこちらのオプションは最適ですね!

迷彩柄をふんだんに使った装飾!独特のフロントグリル、細かな部分も迷彩でおしゃれに格好良いです。

ではどのようなオプションがあるかご紹介していきましょう。

 

スペアタイヤハーフカバーデカール…まずはここをサバイバルモードに!

フロントグリル…グリルが変わると随分印象が違いますよね!通常グリルにスズキのロゴが目立ったグリルに変りますね!

フォグランプガーニッシュ…フォグランプ周りにメッキのガーニッシュがつくとサバイバル感もですが、高級感が出ますよね!

サイドデカール…ボディーに迷彩柄のカモフラージュ柄のサイドデカールを入れることによって印象がアップ!

ドアミラーカバー(LEDサイドターンランプ付きドアミラー用)…クロムメッキ左右です!淡い色には映えますね。

メッキドアハンドル…ドアハンドルがメッキ調でドアハンドルが変わるだけで随分印象が変わりますね。

ナンバープレートリム…ナンバープレートを彩ってくれます。

OFFROAD STYLE

やはりオフロード仕様は欠かせないでしょう!

こちらのオフロードオプションを選べば間違いなし。

 

スペアタイヤハーフカバーデカール…オフロード仕様に合うスタイルをここで!

マッドフラップセット…シックなブラックでオフロード仕様にピッタリ合います。また、リヤにはスズキのロゴも入りレトロ感もあります。

フードデカール…ボンネットにツールギアの模様が入ったオフロード仕様。ボンネットサイドにも模様が入ります。

サイドデカール…同じくサイドにオフロード仕様の模様が入り、オフロード感が増します。

フロントグリル… 懐かしい雰囲気を持ったフロントグリルのデザインです。

アルミホイール(16インチ)…オフロードに耐久を持たせたアルミホイール16インチ、耐久性はもちろん、

スタイルも楽しめます!

ナンバープレートリム…オフロードのフロントにはなくてはならない存在です。

REVIVAL STYLE

これぞ懐かしのジムニースタイル!まるでタイムスリップしたかの様なスタイルです。

 

スペアタイヤハーフカバーデカール … リバイバルモード、これの選び方で随分変わってきます!

ルームミラーカバー…鋼板柄で外から見る人には一目瞭然!

ヤバンパープレート…リヤバンパー上部に張り付けタイプのプレートが付きます。

サイドデカールこれぞ懐かしの模様ですね。昔ながらのジムニーファンはこれを待っていたのではないでしょうか?

ベースキャリア…天井に色々、遊び道を積載できます!

サーフボードアタッチメント…サーフィンなどをする場合には更にオプションで付きます。

ナンバープレートリム…こちらでレトロに輝きを

『OGAWA』 × 『SUZUKI』

キャンピング仕様にこちらは欠かせません!

楽しく過ごしたいですね。

 

カータープ…リヤドアを開けて、カータープを取り付け、キャンプや釣りなど様々なところで役に立ちます。

サイドボディーモール…目立ちませんがつや消しブラック塗装が入ったモールを装備!

サイドアンダーガーニッシュ…下側のサイドアンダーガーニッシュデザインにも優れています。

ベースキャリア…ベースキャリアを取り付ければ、ルーフラックアタッチメント、スキー&スノボー、サーフボードアタッチメント。組み合わせ自由です。

フロントデフガード…凸凹道でも大事なデフをこれでガード!より安心に進めます!

リヤデフガード…同じく凸凹道にリヤもこちらでガード!

スポンサードリンク

実は必要ないオプションはこれだ!

オプションの中でもこれ必要?何てのもありますが、人によっては”必要”って言われるものもあります。

一概には言えませんが、あくまで個人的な意見で掲載させていただきます。

ラッシングベルト … 8640円、この金額でだったらホームセンターなどで購入された方が良いかと…。

オーナーズケース … こだわる方は必要かもしれませんが、購入先で用意していただいた検査証入れで十分では…

革調オーナーズケース … 革調なので普通の検査証入れよりは良いかと思いますが…。

クリーンフィルター … 社外品などでも良いのが出ているので汚れてから、社外品の高機能タイプで良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

新型ジムニーのオプション純正ナビはどうよ?

最近の主流はSDナビ、SDに地図のデータが入っており、地図更新が最長で5年間無料というサービスがあり、

昔のHDDナビに比べると随分楽で故障も少ないです。

また、ドライブレコーダーと連動や逆走注意機能などが付いています。

3万6000Kmまでの保証も付いており、安心機能が充実しています。

では純正ナビにはどのようなタイプがあるのでしょうか、それぞれのモデルをご紹介していきます。

 

スタンダードプラスモデル(パナソニック)

8インチと7インチの画面が選択でき、8インチは画面が大きくとても見やすいです。

7インチは画面が小さい分ボタンが大きく扱いやすいです。

8インチは専用のガーニッシュが別途必要になります。

最長5年間の地図データ無料更新が付いており高機能タイプです。

このナビの売りは何といっても逆走検知機能が付いており、万が一間違えて走行した時には逆走注意喚起機能が働き、

画面と音声で注意を促してくれます。

また、Bluetooth機能付きのスマートフォンに、無料アプリの『Drive T@lker』をインストールしておき接続すれば、

音声での対話形式で目的地の検索や設定ができます。

ドライブレコーダー(別売)連動タイプと接続すればナビ画面での映像の再生可能です。

渋滞や工事規制などもVICS、WIDEの渋滞規制情報を活用し、より早く、快適なルートを検索してくれます。

スタンダードモデル(パイオニア)

 

こちらも同じく8インチ、7インチとあります。

地図データも5年間の無料更新があります。

こちらは、GPSだけに頼らない自車位置精度が優れており、トンネルや高架下などずれやすい部面にも対応しています。

音の制度にもこだわっており、バーチャルサウンドクリエーターや13バンドグラフィックイコイザーなどお好みのサウンドを選択し

音楽を楽しむことができます。

ただ、パイオニアは中国工場が閉鎖されたため、生産できない可能性があるためご注意を。

エントリーモデル(パナソニック)

同じく7インチ、8インチの設定があり。地図の無料更新は最長3年となります。

ドライブレコーダー(連動タイプ)と接続すればナビ画面で見ることができます。

などスタンダードプラスモデルに限りなく近いですが、音声認識がなかったり、動画再生ができなかったりと

少し簡素化されています。

エントリーモデル(ケンウッド)

同じく7インチ、8インチの設定があり一番お求めやすい価格のタイプになっています。

地図データの無料更新が2019/12月末までとかなり短いです。

逆走注意喚起はついておりますので価格が安くても安心機能はついております。

パッケージ選びに失敗すると後悔しますよ!

先にご紹介した、スタイルですが、それぞれのシーンに合わせたオプションスタイルになっています。

そのスタイルに合った選び方をしないと、必要のないオプションを選択してしまって、全く使わない!ってことの無いよう、初めから

じっくり吟味して選んでください。

また、オプションによっては、後付けが厳しい物もありますので、そういったものは確実につけておきましょう。

ナビやドライブレコーダー、ETCなども初めにしっかり組み合わせを考えておかないと、後悔の種になります。

A  リバイバルパッケージ

フロントグリル

サイドデカール

スペアタイヤハーフカバーデカール

B  メッキパッケージ

フォグランプガーニッシュ

メッキドアハンドル

ドアミラーカバー

ドアミラーカバー(LEDサイドターンランプ付き)

C  カムフラージュパッケージ

ルームミラーカバー

バックドアインナーガーニッシュ

携帯リモコンカバー

D  アクティブパッケージ

マッドフラップセット

シートカバー

フロアマット

以上パッケージの装備品のご紹介です。

本当に自分に合ったスタイルを選んでください。

まとめ

以上、自分に合ったスタイルを演出できる楽しみがある反面、もし間違えたものを選択してしまったら、せっかくの楽しいジムニーライフが

とても残念なものになります。初めにしっかり自分の思い描くジムニーのスタイルを確立させてオプションパーツを選んでいきましょう。

ジムニーの値引き額から更に50万円安くする方法!

 

  • ジムニーは高すぎて予算オーバーだ
  • ジムニーをなるべく安く購入したい
  • ディーラーを何件も回るのは面倒くさい
  • ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ
  • ジムニーを最安値で購入したい

など ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深く
また悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

相談できる専門家に知り合いはありません。
そこで家族や友人に相談するしかありません。

しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。

たとえ聞いてもらったとしてもジムニーを安く買えるわけではありません。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

準備はよろしいでしょうか?

この方法は本当に有効です。
この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でジムニーを購入できることになります。

これがジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

 

スポンサードリンク







コメント