新型ジムニーのリセールは本当に良いの?グレードや色やオプションで変わる?

ジムニーの評価

下取りは絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取りが買取業者では80万円になる事が往々にしてあります。

車一括査定サイトを使うことによって、有名大手の下取り会社があなたの愛車の買取価格を競ってくれるので自然と買取価格が吊り上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば、買取業者の買取価格をディーラーに提示して交渉を有利に進めることもできます 。

 

新型ジムニーのリセールバリューは本当に良いのか気になりますよね?

旧型のJB23ジムニーのリセールバリューは軽自動車の中でもダントツで良かったのですが、色やグレードで差が開くこともありました。

では新型ジムニーでも色やオプション、グレードで変わるのでしょうか?

新車購入時から売却金額を想定するなんて考えられないと思われるかもしれませんが、リセールバリューを考えるのは値引き交渉と同じくらい大切なものです。

今回は「新型ジムニーのリセールはどうよ?グレードや色やオプションで変わる?」についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

リセールバリューの意味本当に知ってますか?

そもそもリセールバリューとはどんな意味なのでしょうか?

日常生活では聞きなれない言葉ですが、カーディーラーなどの営業マンがよく使うことばです。

リセールバリューを直訳すると「リセール=再販」、「バリュー=価値」となります。

つまり、自分が乗っていた車を売るときの売却金額という意味で、リセールバリューが高いほど数年後の売却金額も高く、低いほど売却金額も低くなります。

では、リセールバリューはいったい誰が決めるのでしょうか?

答えは中古車の購入を検討している自分たちです。

人気車種であるほど数年後の価値もありますが、時代の流れも影響してくるため「ミニバン」「スポーツカー」「4WD」などその時のブームによってリセールバリューも変化していきます。

3年前であれば人気車種であるノアやセレナなどのミニバンがブームでしたが、現在はSUVが上位を占めています。

では、気になる新型ジムニーのリセールバリューはどのような感じでしょうか?

スポンサードリンク

新型ジムニーのリセールバリューはやっぱり高い?

車業界の関係している人であれば、「軽自動車の中でもジムニーのリセールバリューが高い」というのは有名な話です。

新型ジムニーのリセールバリューはなぜ高い?

その理由は、ライバル車がいないということです。ジムニーは世界最小で最強のオフロード仕様のため、500万円をこえるようなオフロード車が走破できない悪路でも簡単に突破してしまうくらい性能がよく、世界中から賞賛されているのです。

価格もお手頃でそのうえ性能は最強のため、仕事で使ったりアウトドアなどの趣味で使用したりと、セカンドカーとしても人気が高いことも関係しています。

このような理由から数年経過した中古車でも欲しい人がたくさんいるため、中古市場の値下がりしにくく安定しているのが特徴です。

ジムニーは改造しているユーザーが多いので、カスタム方法によっては付加価値が付きさらに高値になることもあり得ます。

エンジン関係のカスタムはマイナスに働くことがあるので注意が必要です。

逆に、状態の良いノーマル車両も少ないため、大切に乗り続けてきたジムニーであればリセールバリューは最高と言えるでしょう。

今回20年ぶりのフルモデルチェンジした新型ジムニーは、旧型ジムニーより人気が高いため、リセールバリューにも期待が持てます。

そこで、ジムニーのリセールバリューはグレードや色なども関係しているのか徹底的にご紹介してきます。

スポンサードリンク

新型ジムニーのグレード別とオプションのリセールバリューは?

新型ジムニーには「XG」「XL」「XC」3つのグレードが設定されています。

直列3気筒インタークーラーターボ」と「4WD」は3つのグレードに共通しているため、これだけでもジムニー全体のリセールバリューは良くなっています。

XGグレードは一般受けが悪い?

一番安いグレードのXGは他の2グレードと違い装備がかなり省かれているため、林業などの仕事で使用されることが多いため、一般ウケは低くリセールバリューも若干低めです。

省かれてしまう主な装備は以下の通りです。

・助手席&後席シートベルト警告灯&リマインダー

・フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ

・ヒーテッドドアミラー

・キーレスプッシュスタートシステム

・電動格納式リモコンドアミラー

・左右独立リヤシートリクライニング機構

・ラゲッジボックス

・カラードドアハンドル

・カラードドアミラー(ブラック塗装)

・スモークガラス(リアクオーター、バックドア)

・シートヒーター(運転席&助手席)

・運転席バニティミラー(チケットホルダー付き)

・シフトノブ加飾

・防汚タイプラゲッジフロア

・残照式3ポジションルームランプ(リア)

XCグレードは装備が充実してリセールが良い!

一番高いグレードは「XC」です。

新車購入価格はATで1,841,400円、5MTで1,744,200円となっています。

オプションも付属すると220万円前後で購入している方が多いようです。

最上級グレードは全ての装備がそろっているので、あとで物足りなくなることが少ないため人気があります。

初期費用こそ高いものの、数年後にオプションなどを付ける必要がないため2代目のオーナーにも人気があり、リセールバリューが高い傾向にあります。

XCグレードで装着されている人気の装備は以下の通りです。

・LEDヘッドランプ(オートレベリング機構、LEDポジションランプ付)

・ヘッドランプウォッシャー

・クルーズコントロール

・本革巻きステアリングホイール

・ステアリングオーディオスイッチ

・LEDサイドターンランプ付ドアミラー

・ブラック2トーンルーフ

・16インチアルミホイール

新型ジムニーのカラーでリセールバリューは違う?

flickr by RMissio

リセールバリューに影響しやすいのはなんといってもカラーです

一般的には人気カラーの白や黒が値下がりしにくいと言われていますが、個性的なカラーや限定色も人気の場合があります。

人気カラー=リセールバリューが良い、と考えても間違いないでしょう。

カラー別リセールランキング!

新型ジムニーの人気カラーランキングは以下の通りです。

・1位ジャングルグリーン

・2位ブルーイッシュブラックパール3

・3位シフォンアイボリーメタリック

・4位ミディアムグレー

・5位ピュアホワイトパール

当然「白」や「黒」がランクインしています。

しかし新型ジムニーでは「シフォンアイボリーメタリック」や「ジャングルグリーン」や「ミディアムグレー」など、新型ジムニーにピッタリなカラーがラインナップされています。

ですので、個性的な色でありながらリセールバリューも高くなっています。

また、裏技としてはカーラッピングという手もあります

新車時にいきなりラッピングをするのも勇気がいりますが、塗装面が保護されるため売却時に剥がせば新車同然の輝きになっているため、査定にも期待が持てます。

新型ジムニーの下取り価格の相場について

新型ジムニーはまだ発売して1年しかたっていないため、下取り価格の情報が出回っていません

そもそも、こんなにカッコいい新型ジムニーを手放す人も少ないのが現実です。

今回は、旧型ジムニーのリセールバリュー率を参考に新型ジムニーの下取り価格を予想してみたいと思います。

3年目の下取り価格は?

新車から3年目の残価率は約78%となっています。

新型ジムニーに当てはめると、

・XGグレード(5MT) 新車価格1,458,000円→1,131,000円

・XLグレード(5MT) 新車価格1,582,200円→1,234,116円

・XCグレード(5MT) 新車価格1,744,200円→1,360,476円

5年目の下取り価格は?

5年後は車の買い替えを検討する人も増える時期です。古くなって価値が下がる前に売却するのが理想的ですね。

5年目の残価率は約65%となっています。

・XGグレード(5MT) 新車価格1,458,000円→947,700円

・XLグレード(5MT) 新車価格1,582,200円→1,028,430円

・XCグレード(5MT) 新車価格1,744,200円→1,133,730円

10年目の下取り価格は?

10年目の残価率は約35%になっています。

状態が良く走行距離が10万キロ以下のジムニーが目安です。

・XGグレード(5MT) 新車価格1,458,000円→510,300円

・XLグレード(5MT) 新車価格1,582,200円→553,770円

・XCグレード(5MT) 新車価格1,744,200円→610,470円

まとめ

flickr by SAUD AL-OLAYAN

やはり新型ジムニーのリセールバリューは非常に高い傾向にありますね。

新型ジムニーを高く売却する方法をまとめます。

新車購入時は少し高くても最上級グレードを選ぶ事!

人気のカラーとオプションは必ず選択する事!

売却年数を見極める事!

みなさんも車を購入する際は、リセールバリューを意識してみてはいかがでしょうか。

ジムニーの値引き額から更に50万円安くする方法!

 

  • ジムニーは高すぎて予算オーバーだ
  • ジムニーをなるべく安く購入したい
  • ディーラーを何件も回るのは面倒くさい
  • ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ
  • ジムニーを最安値で購入したい

など ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深く
また悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

相談できる専門家に知り合いはありません。
そこで家族や友人に相談するしかありません。

しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。

たとえ聞いてもらったとしてもジムニーを安く買えるわけではありません。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

準備はよろしいでしょうか?

この方法は本当に有効です。
この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でジムニーを購入できることになります。

これがジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

 

スポンサードリンク







コメント