新型ジムニー純正のタイヤカバーは無骨過ぎる?おすすめの社外品を紹介!

下取りは絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取りが買取業者では80万円になる事が往々にしてあります。

車一括査定サイトを使うことによって、有名大手の下取り会社があなたの愛車の買取価格を競ってくれるので自然と買取価格が吊り上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば、買取業者の買取価格をディーラーに提示して交渉を有利に進めることもできます 。

 

ジムニーのようなSUV車に欠かせないのは背面スペアタイヤ

背面タイヤがそのままついているだけでも、無骨で格好良いのですが、おしゃれな感じの新型ジムニーには少し彩を付けて、それぞれのタイプやシーンに合ったカバーを付けて楽しみたいですよね?

そんな新型ジムニーに自分に合ったスタイルを後ろから飾っていってはいかがでしょうか

スポンサードリンク

新型ジムニーの純正タイヤカバーの紹介!

何も選択していない、背面タイヤはこんな感じです。

純正の背面タイヤは、真ん中部分が黒いハーフカバーで覆われているだけです。

この標準の真っ黒いカバーでもシンプルで良いのですが、車体をそれぞれのタイプ別に飾りたい方はその

スタイルにあった、ハーフカバーを選んでいけば、より格好良くなります。

ではどのようなタイプがあるかをご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

新型ジムニーの社外品のタイヤカバーの紹介!

ハーフカバータイプは、ノーマルタイプを入れると全7種類、それぞれロゴが入って存在感が増します。

ノーマルタイプ

通常のノーマルタイプで標準に装備されている無地のハーフカバーです。

真っ黒でとてもシンプルなデザインですが、どのタイプにも合います。

初代ジムニーのカタカナロゴ入り

このタイプはインパクトありますよね!

カタカナで『ジムニー』

街中で見たら二度見は確実!

とても面白いタイプです。

THE四駆

四駆!この一言がロゴになっています。

これまた印象がすごいですよね!

このタイプ男前でジムニーには合いますよね。

カモフラ+サイ

遊び心満載の迷彩色にサイのロゴ

サイも同色の緑色でシックにおしゃれでとても良い印象です。

サバイバルスタイルに良いのではないでしょうか?

ハニカム+サイ

これまたサイのロゴ入り、サイのロゴ部分が赤く目立ちます。

派手に飾りたい、オフロード仕様に合いますね!

ストライプ+ジムニーロゴ

スタイリッシュなジムニーロゴ!

jimnyの名前がストライプ調でヘリテージスタイルに合います

REVIVALコーデ

昔ながらのジムニースタイルを意識したコーデにぴったり。

サイドデカールとの組み合わせで更に時代を超えたスタイルを確立!

スペアタイヤカバー

『四駆』!の文字が飛び込んできます!

懐かしの80年代の復活デザイン!インパクトのある漢字での四駆』は魅力的です。

もう一つのタイヤカバーは定番の『サイ』のロゴ

大きくデザインされたサイが飛び込んできます!

ゴツゴツ感のあるサイのデザインですがどこかかわいらしい部分がありとてもジムニーにマッチングします。

カバーなし

またカバーを外して、スペアタイヤをそのまま出しても武骨で格好が良いかもしれません。

以上それぞれ個性的なロゴ入りのカバーをご紹介していきました。

カバー、ハーフカバーで色々な種類をみて選ぶのも、ジムニーを購入するときの楽しみの一つですよね。

またそれぞれのシーンやタイプ別で、デザインを楽しむのも良いですね。

またワイルドに乗りたい方はスペアタイヤをそのままの状態で魅せるのも良いかもしれませんね。

新型ジムニーの社外品タイヤカバーおすすめは?

ジムニーのスペアタイヤのカバー!

社外品も取り扱いが多いですが、基本のハーフカバーにシールを貼ったり

色を付けたりと、価格も安く手に入りますが、より個性的に乗りたい方などは『PISTON』や『FARM』

など古いタイプからつけられているカバーがありますが、特に目を引くのは、熊出没注意がデザインされたタイプ

photo by hotpotatonoel

よく見かけますがインパクトがあって良いですよね。

個性的に乗りたい方は是非このタイプを探して取り付けてみて下さい。

スポンサードリンク

スペアタイヤカバーのハードとソフトタイプのメリットとデメリット

オシャレに飾れて、それぞれのタイプやシーンに合うようにイメージできるスペアタイヤカバー

ハーフカバーですが、使うにつれてどちらがより良いのでしょうか?

またそのうち出るかも?完全ハードタイプのスペアタイプカバー、を比較していきましょう。

スペアタイヤカバー

カバータイプは全体を覆いかぶせるので、日光に弱いゴムであるスペアタイヤの保護にはとても良い環境が作れます。

しかし年数が経ってくるとカバー自体が日光にやられてしまい、ボロボロになってきます。

見た目が格好悪いですよね。

使い古してボロボロになっても、新しいのに変えることが簡単にできるのも利点です。

またデザインタイヤ全体に広がる大きなデザインができているのでインパクトは増します。

弱点は衝撃からスペアタイヤを守れない事です。

ハーフカバー

標準装備のハーフスペアタイヤカバー!こちらはデザインも豊富で、様々なシーンに合ったデザインを選ぶことが可能です。

この度のデザインは印象的なものが多いですよね!

ここに少しアクセントをつければオシャレ感も増し増し!

ホイール部分を覆っているので大事なホイール部分は守れています。

また、ちょっとした衝撃にも耐えれます。

但しタイヤのゴム部が露出しているので日光などの刺激をそのまま受けるのでタイヤには良くないです。

年数が経つとタイヤにひびが入って使えないなんてこともあるかもです。

ハードタイプ

特別仕様車が出ると付いてくるかもしれないハードタイプ!

こちらは見た目にもオシャレかつスマートで、人気の有るタイプです。

ビニール製のカバーよりも更に密閉度が高く、全体を覆っているのでスペアタイヤの保存状態もかなり保たれます。

またちょっとした衝撃からもタイヤを保護してくれます。

但し特別仕様車しかないので、後々オプション出るかなぁ?

新型ジムニーのタイヤカバー取り付け方を伝授!

● 新型のジムニーのハーフカバータイプは真ん中にナット止めが1個あるだけで簡単に取り外しができます。

もちろん取付方もそのままはめ込みナットを締めるだけ!簡単作業!

カバータイプは単純に被せるだけなので取り外しも簡単!

そのうち出るであろうハードタイプ

そのうち特別仕様車が出たら必ずついてくると思われる、ハードタイプのスペアタイヤカバー!

こちらはしっかりと周りを覆われており照り付ける日差しを完全カバーしてくれます!

密閉式なので中もしっかりとカバーがあります。

こんな感じで取り付けられているタイヤとボディの間にもしっかりハードなタイヤケースが付いています。

側面の、やや下あたり左右にフックがあり、これを外して上に持ち上げるとタイヤが出てきます。

上に持ち上げるタイプで、いざスペアを使う場面でも少し作業がしずらいのが難点。

以上、完全ハードタイプも取付、取り外しはそんなに難しくないのですが、

スペアタイヤカバーやハーフカバーがより、簡単取付、取り外しが、でき、デザインも豊富だと思います。

まとめ

以上スペアタイヤのカバーにも様々な種類やデザインがあり、それぞれのタイプやシーンによってもデザインが

あります。

また、ハーフカバータイプビニールタイプのカバーあり、ハーフカバーの方がデザイン性には優れています。

しかし完全カバータイプの方がスペアタイヤ自体には、直射日光を避けれるため、保管状態には良いです。

それぞれの利点があり、自分に合ったタイプやシーンをしっかりイメージして選ばれるとより楽しくジムニー

に乗れると思います。

また、特別仕様車が出れば完全フルカバーのハードタイプ出てくると思います。

ご紹介したように取り付け、取り外しも簡単なので、後々、特別仕様車が出ればオプションで取り寄せて

交換されても、気分が変わって良いかもしれませんね。

ジムニーの値引き額から更に50万円安くする方法!

 

  • ジムニーは高すぎて予算オーバーだ
  • ジムニーをなるべく安く購入したい
  • ディーラーを何件も回るのは面倒くさい
  • ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ
  • ジムニーを最安値で購入したい

など ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深く
また悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

相談できる専門家に知り合いはありません。
そこで家族や友人に相談するしかありません。

しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。

たとえ聞いてもらったとしてもジムニーを安く買えるわけではありません。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

準備はよろしいでしょうか?

この方法は本当に有効です。
この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でジムニーを購入できることになります。

これがジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

 

スポンサードリンク







コメント