新型ジムニーのMT車とAT車どっちを選ぶ?燃費や走破性の違いを考察した!

下取りは絶対に車の一括査定サイトを使用すること!

ディーラーで30万円の下取りが買取業者では80万円になる事が往々にしてあります。

車一括査定サイトを使うことによって、有名大手の下取り会社があなたの愛車の買取価格を競ってくれるので自然と買取価格が吊り上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば、買取業者の買取価格をディーラーに提示して交渉を有利に進めることもできます 。

 

街乗りでも違和感なく乗れる新型ジムニー。あなたが選ぶのはMT車?それともAT車?

見た目は一緒でも、燃費や走破性の違いはどれほどか。

今回は新型ジムニーのMT車とAT車の燃費と走破性を徹底比較してみました。

それでは「新型ジムニーのMT車とAT車どっちを選ぶ?燃費や走破性の違いを考察した!」についてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

新型ジムニーの MT車とAT車の不整地での走破性に違いがあるの?

 

歴代のジムニー乗りであれば走破性の重要性が、どれほど大切かご理解しているでしょう。

でも、これからジムニーの購入を検討している方にとっては、走破性とは何かを理解しておくべきだと思います。

走破性とは、一般的には「予定された距離を走りきること。走り通すこと。」とされていますが、ジムニーにおいての走破性とは、「悪路をどれだけ突破できるか」の意味合いで使われています。

新型ジムニーでは、走破性に有利な機能が備えられています。

 

パートタイム4WD

ジムニーの走破性においてはこの機能がもっとも重要です。

フルタイムの4WDと違い、走行シーンによって任意に駆動を切り替えることが来ます。

舗装路、市街地、高速道路などのオンロードを走行するには2H(2WD)

雪道、荒地などので、2WDでは走行が困難な場面で走行するには4H(4WD高速)

ぬかるんだ道や急登板・急勾配など、大きな駆動を必要とする場合やスタック時の脱出などで使用する4L(4WD低速)

ブレーキLSDトラクションコントロール

前輪と後輪を直結した4WDでも、左右のどちらかのタイヤが空転した場合にはもう一方のタイヤの駆動力は失われてしまいます。

そんな場面で役立つのが、電子制御のブレーキLSDトラクションコントロールです。

駆動状態を4L(4WD低速)に切り替えると、空転した車輪にだけブレーキが作動し、エンジントルクを落とすことなくもう一方の車輪の駆動力を確保し、高い脱出性能を実現します。

 

3リンクリジッドアクスル式サスペンション

左右の車輪をダイレクトにつなぐ構造で、一般的な乗用車の独立懸架式サスペンションに比べて、凹凸路で優れた接地性と大きな対地クリアランスを確保できます

また、強度も強く過酷な環境下でも耐え抜くことができます。

3アングル

どんなに厳しい悪路でも、バンパーやボディーが障害物に接触しにくいよう、アプローチアングルランプブレークオーバーアングルデパーチャーアングルの対障害角度が綿密に造り込まれています。

アプローチアングルとは、前方の障害物を前輪で乗り越える角度。

ランプブレークオーバーアングルとは、乗り越えた障害物がアンダーボディーに接触しない角度。

デパーチャーアングルとは、マフラーやリヤバンパーが障害物に接触しない角度。

また、最低地上高は205㎜となっています。

では、新型ジムニーのMT車とAT車の走破性の違いはどれくらいあるのでしょうか?

・・・違いをご紹介したいのですが、新型ジムニーのAT車でクロカンをしている人が少なく、はっきりとした違いをお伝えすることができません。

オフロード感のイメージがなくなりつつあるジムニーですが、少なくともクロカンをする人であればMT車を選ぶのは必須でしょう。

スポンサードリンク

新型ジムニーのMT車の運転は楽しい?

新型ジムニーの運転席は狭い

新型ジムニーのMT車の運転は従来のジムニーと違い、運転しやすくなっているというユーザーが多くいるようです。

MT車はクラッチペダルがあるため、運転席のペダルは「アクセル」「ブレーキ」「クラッチ」の3ペダルになるため、軽自動車のスペースでは間隔に余裕がなく初めは窮屈に感じてしまうようです。

ですが、狭いからと言って靴を履き替えるほどの窮屈さはないようですので、慣れるまでの辛抱といったところでしょう。

新型ジムニーのギアは使いやすい?

また、1速がローギヤードのため、わずか30km/hで吹け上がってしまうため、エンストの心配がほぼないのでMT車に不慣れでも乗りやすく感じるようです。

ですが、2速3速と早めのギヤの切り替えが必要になる場面が多く、街乗りではせわしなく切り替えながら運転しなければならないようです。

クラッチは重すぎるとギヤが入らずエンストがしやすく、軽すぎるとスカスカでギヤが入っているのかわからなかったりしますが、新型ジムニーのMT車はちょうどよい力加減でクラッチペダルが踏めるので女性にも運転しやすくなっています。

また、エアコン使用時は回転数が落ちるのが早いため、ギヤ比が離れたギヤにつなぐ場合はガクッとショックが伝わってくるため、半クラ状態でゆっくりつないでショックをなくすように慣れも必要です。

新型ジムニーのエンジンは縦置きで、シフトにダイレクトに振動が伝わってくるため、本格的な走りを実感できることもMT車の楽しみの1つです。

このことから、ギヤチェンジで楽しみながら運転したい人にはおススメですが、MT車に慣れていない方は少し難しく感じるかもしれません。

スポンサードリンク

新型ジムニー MT車の 燃費はAT車に比べて良い悪い?

flickr by SAUD AL-OLAYAN

 

技術の向上によって燃費の良い車が開発され続けていますが、新型ジムニーのMT車とAT車の燃費はどれほど違うのでしょうか?

実際のジムニーオーナーの声を聞いてみましょう。

 

新型ジムニーAT車の燃費事情

 

✔XGグレード AT車

街乗りで燃費を気にした運転をすれば18㎞/Lくらい。

アクセルを踏み込んだりする運転をすれば15㎞/Lくらい。

ターボなので加速は良いが坂道ではアクセルの踏み込みは必要かな。

 

✔XLグレード AT車

燃費の平均が常に11.5㎞/Lくらいです。

早さや燃費を求める車ではないが、もう少し走って欲しかった。

 

✔XCグレード AT車

購入から500㎞くらいの走行ですが、10km/Lちょいですね。

パワーもあるので前の車についていくもの苦ではないです。

安定感もあるのでついつい加速したくなります。

新型ジムニーMT車の燃費事情

 

✔XLグレード MT車

3500㎞走行して17㎞/Lくらいでしょうか。

なるべく3000回転を超えないように意識しての燃費です。

高速走行もかなり安定しているし、静音性が高い。

 

✔XLグレード MT車

燃費を意識しない通勤使用で15km/L位、遠出で17km/L位は走るので問題なし。

3000回転くらいからはタービン音が聞こえるのでどうしても踏みたくなります。

 

✔XCグレード MT車

往復650kmを高速の長距離で16.1km/L

先代のJB23と比べるとはるかに良い。

静音性もよく長距離でも問題ない。

 

やはりAT車は若干燃費が落ちているようです。

MT車は自分で回転数もギヤの切り替わるタイミングも任意で操作できるため走り方によっては、高燃費も期待できそうですね。

新型ジムニーはATよりMTの方がらしいのか?

flickr by stokebear

MTとATの人気は変わらない?

新型ジムニーは官公庁や森林組合などでも使用されていて、悪路でも絶対に戻ってこられる車として高評価を得ています。

現在販売されている車の中でも珍しくMT車の人気が高く、AT車との比率は「MT車:AT車=1:2」となっていて街中を走っている3台に1台はMT車という状況です。

以前はオフロードメインの使用が多かったジムニーも、ジムニー女子の人気も相まって街乗り使用がますます増加していき、オフロード=MT車、街乗り=AT車と明確に分かれる場合が多くなっているようです。

外見はどちらも同じデザインになっているため、外装をカスタムするにはMT車もAT車も変わりはありません。

唯一の違う点は走り方

運転を楽しみたいユーザーであれば、MT車でシフトチェンジをしながら回転数を合わせてエンジン音やターボ音を聞きながら運転を楽しむこともできます。

もちろんクロカンでは細かい調整が効くMT車は、絶対条件になっているようです。

ですが、運転に自信がないユーザーはAT車でも十分に新型ジムニーライフを楽しむこともできます。

新型ジムニーのカスタムパーツは多く、レトロ風にも、近未来風にも、高級風にも、さまざまな仕様にカスタムが可能です。

オフロードのイメージ少しずつ和らぎ始めている新型ジムニーでは、MT車もAT車もどちらもジムニーらしさが出せる車に仕上がっているようです

まとめ

flickr by stokebear

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「新型ジムニーのMT車とAT車どっちを選ぶ?燃費や走破性の違いを考察した!」についてご紹介させていただきました。

新型ジムニーは走破性の性能も、歴代のジムニーと比べて格段に良くなっているようです。

燃費の違いや、運転方法の違いこそありますが、MT車でもAT車でも人気が高いことには間違いありません。

後悔しないために、はまずは試乗車で納得いくまで乗り倒してみてはいかがでしょうか。

ジムニーの値引き額から更に50万円安くする方法!

 

  • ジムニーは高すぎて予算オーバーだ
  • ジムニーをなるべく安く購入したい
  • ディーラーを何件も回るのは面倒くさい
  • ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ
  • ジムニーを最安値で購入したい

など ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深く
また悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

相談できる専門家に知り合いはありません。
そこで家族や友人に相談するしかありません。

しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。

たとえ聞いてもらったとしてもジムニーを安く買えるわけではありません。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

準備はよろしいでしょうか?

この方法は本当に有効です。
この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でジムニーを購入できることになります。

これがジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

 

スポンサードリンク







おすすめの記事